公益財団法人 湯浅報恩会 看護部

INFOMATIONお知らせ

お知らせ一覧

20213/27

新人看護師にリフレクション研修を行いました

 3月19日に今年度の新人看護師20名を対象に、「リフレクション研修」を開催しました。この研修は、約8年前から行っており今までは寿泉堂香久山病院配属となった看護師のみが受けていた研修でしたが、今年度は初めて綜合病院の看護師も参加し、合同で開催しました

 研修のねらいは、

「この1年間で積み上げてきた自分の体験を振り返り、仲間と自分の経験を共有することで、今後同じような体験をした時に、今までと違う考えや対処方法が見い出せる」です。

各自が印象に残った事例を持ち寄り、なぜそのようなことが起きたのか、その時の自分はどのように思い、どう考えたのか、次に起きたらどのように対応して行くのか、などの意見交換をしました。

 多忙な業務に追われ「こなす」ことだけで精一杯の新人ですが、同期の仲間に自身の体験や考えを聞いてもらい、意見交換したことは、良い気づきにつながったと思います。

 新人看護師は、この1年間いろいろな体験をしたと思いますが、2年目にステップアップするための有効な時間になったと思います。

 
       

202012/21

新採用者にリフレッシュ研修を行いました

 12月4日の午後から今年度4月に入職した新採用者20人を対象に行いました。目的は、

①患者心理への理解を深め、患者との接し方をグループワークによって再認識し、看護する喜びを仲間とともに共有できる。

②自分を知り、相手を知り、お互いを認め合うことができる。 です。

 内容は2部構成で、1部は厚生労働省社会保障審議会推進「スクール・オブ・ナーシング」の映画鑑賞、2部は「自分と向き合うワーク」をカフェスタイルでグループワークを実施しました。

 映画は、出会いと別れが交差する命の現場の中で紡がれる「わたしたち」の物語。「看護とは何か」を見失っていた学生が、一番大切なものは患者さんの本当の苦しみに寄り添うことだと気付き、奮闘する様子が描かれていました。参加者からは「胸が熱くなった」「自分の看護について見つめ直したい」「患者さんの気持ちに寄り添った看護がしたいと改めて考える機会となった」などの感想が聞かれました。改めて自分の看護観や患者さんとの関りを振り返る良い機会となりました。

 自分と向き合うワークでは、カフェスタイルで自分自身や相手の良い点を探しあい、みんなで認め合う時間としました。コーヒーやお菓子を食べながらのグループワークは、笑顔も見られ、和やかな時間となりました。「同期のみんながいたから頑張れた」「みんなと話せて良かった」などの感想がきかれました。

 今年度はコロナ禍のため、新採用者はたくさんのイベントが中止となりました。看護部の研修は時間を短くしたり、密にならないように、寿泉堂綜合病院と寿泉堂香久山病院とで分かれて行ったりと、なかなか全員が顔を合わせる機会が少なかったため、今回は良い機会となりました。

 今回の研修は初めての取り組みであったため、どうなるか心配でしたが、教育委員のメンバーのサポートがあり、無事に終えることができました。研修が終わるころに笑い声も聞くことができてほっとしました。

                 

20209/11

8月26日にむつみ会新会員歓迎会を開催しました。

 看護部では毎年7月にむつみ会新会員歓迎会を開催していましたが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、形式と時期を変更しての開催となりました。

 例年、大きな会場を借り「新会員紹介」「頑張れ応援メッセージ」などの催しを行っておりましたが、今回は大人数での密集を避けるために部署ごとの開催とし、新会員の方にはお花・メッセージカード・クッキーなどのプレゼントをお渡ししました。  

 そんな変化のあったむつみ会新会員歓迎会の様子をお届けしますので是非ご覧ください。 

↓画像をクリックすると拡大で表示されます↓



20192/ 4

認定看護師ニュースレター発行のお知らせ

 年に数回、認定看護師会の活動を財団職員に向けて報告している「あさがお通信 第6号」が発行になりました。
 認定看護師会は、地域の医療従事者向けに研修を企画・開催することなどが目的で、当財団在籍の認定看護師が平成27年に立ち上げました。
 今回は、ノロウイルス感染症や認知症看護研修などについての開催報告をお送りいたします。
 ぜひご覧ください。

  ↓画像をクリックすると拡大で表示されます↓ 

201812/11

3年目看護職の魅力~事例学習発表会より~

 基礎コースレベルⅢ対象の「事例学習発表会」が3日間にわたり開催され、129名が出席

しました。201631名で入職したフレッシュナース達は、3年目の役割としてチューター

となり後輩指導にあたるまでに成長しました。

 今回は急性期病床、療養病床に配置されている26名が、それぞれ体験した事例の関わり

を通じて、看護ケアの魅力について新鮮な感覚で発表しました。患者さんと自身の関わり

が中心の基礎コースですが、多職種協働が推進される中で多くの職種とつながっているこ

とが伝わりました。中には患者さんが本音を話すことが多い看護補助者さんにカンファレ

ンスに同席してもらうなど、チームでのアプローチに関する考察が深められた事例もあり

ました。    

 看護の経過では、「感性豊かな看護実践」の理念に基づき、一つひとつを丁寧に紡いだ

看護職の姿勢が伝わり、夕方の研修ではありましたが参加者も学びを深めることができま

した。

 これから基礎コースの認定を申請し、来年度は中堅コースにジャンプしていく看護職に

大きな拍手を送ってあげたいと思います。

                                                                  相良 やよい

   

201811/28

福島県看護学会で口演発表を行いました。

 11月14日、平成30年度福島県看護学会が看護会館みらいで開催されました。口演4群

14題、示説2群7題の発表があり、当院からは2題の口演発表を行い約20名が参加しまし

た。

 4会場に分かれての発表は様々な施設から興味のある発表でとても参考になりました。

ランチョンセミナーの講師は、福島県看護協会 元学会委員・研究倫理委員で、現在、福

島精神看護研究会会長の榊原守先生から、『収録原稿作成支援講座「看護研究についてみ

んなで考えましょう」』の講演でした。現場に即した看護研究が題材で、看護研究の基本

的な事を振り返る良い機会となりました。看護研究をとても身近なものに感じることがで

きました。

 午後からの基調講演は在宅ケア移行支援研究所宇都宮宏子オフィス代表 宇都宮宏子先生

から「地域で'暮らす'そして'生きる'に伴奏する看護」について講演でした。その後、4名

のパネリストによるシンポジウムもありました。「人々の想いをつなぐ!今、私にできる

こと」と題し、それぞれの立場から活発な意見交換がありました。

                                文責  教育担当

 

                   『発表演題』

 

1.手術室        婦人科領域腹腔鏡下手術におけるシバリング予防の検証

           ―体温低下を防ぐことを目的とした頭頚部保温を試みてー

 

2.女性診療病棟   TC療法の下肢の末梢神経障害に対する弾性ストッキングの有効性

                           

20188/ 6

地域を支える看護職

 こんにちは、今回は財団法人の中の在宅部門を紹介します。郡山南部地域包括支援センター、居宅介護支援事業所、いずみ訪問看護ステーションの3ヶ所に19名の職員が勤務しています(16名が看護職)。法人看護部長の私も、時々事業所にお邪魔をしたり、研修の際に個人的にお話をする機会があります。

 今回は、4月以降に財団法人内で異動した保健師3名、看護師1名の歓迎会にお邪魔させていただいた様子をご紹介します。幹事さんが時間を工夫し、職員が集まる昼休みにウエルカムパーティを企画してくれました。今年は猛暑の中、独居の高齢者の安否確認や、介護サービスの相談などで地域をフィールドに、朝から訪問に出かけ、昼食に一時戻りますが午後も訪問に出かけていきます。地域からの信頼も厚い3事業所に若い職員が配置されたことで、新たな風が吹くことを期待しています。

                                    相良やよい

    

20186/19

『看護外来』を開設しました。(寿泉堂綜合病院)

 平成30年5月より『看護外来』を開設しました。看護外来は、専門の資格を持つ認定看護師が、病気で治療・療養されている患者さんとそのご家族の方の様々な不安や悩みなど、療養生活上の相談をお受けするための外来です。

 寿泉堂綜合病院では、『がん看護・緩和ケア外来』『皮膚・排泄ケア外来』の2分野で看護外来を開設しました。お一人30~50分の時間を設けております。看護外来を受診された患者さんからは、「時間をかけて相談できるから安心」「人工肛門のケアを丁寧に説明してもらえたから分かりやすかった」とのお声をいただいております。

 ゆっくりとお話しを伺い、不安や悩みを一緒に考えていきます。住み慣れた地域で快適に生活するためのお手伝いをさせてください。どうぞお気軽にご相談下さい。

クリックすると拡大で表示されます↓     クリックすると拡大で表示されます↓

     

 【がん看護・緩和ケアのご案内】       【皮膚・排泄ケアのご案内】   

20186/12

今年度第1回目の病院説明会を開催!

 6月9日(土)今年度第1回目の病院説明会を開催しました。

 午前は、人事課長・法人看護部長から病院の概要・教育担当者からはチューター

シップやキャリア開発ラダーの説明などが行われました。来年度入職予定者に厳し

い医療情勢が説明され、入職に向けて緊張が増していくのを感じていたようでした。

 午後からは先輩を交えグループワークを行い、生の声が聞けたことで具体的なイ

メージを膨らませることができたようでした。説明会終了後には、「とても学生を

大事にしていただいて嬉しかった」「就職できるようにがんばります」など、嬉し

い感想を聞くことができました。

 主催者としてもみなさんの笑顔が見ることができ、来年度のスタートに大きな希

望が持てた1日となりました。

 

第2回目は、7月28日(土)になります。

 

20184/20

福島県合同就職説明会

 4月1日に入社式がありました。医師も含めると80名の採用でした。

地域の方々に愛される病院、職員が長く働き続けられる病院づくりを

目標にがんばりましょう。

 すでに来年度の採用に向けて、合同の就職説明会が4月14日(土)・

15日(日)に開催されました。2日ともに人事課、看護部教育担当者、

先輩看護師、法人看護部 相良部長の4名で臨みました。

 どの病院も1人でも多くブースに来て欲しいと願い、パンフレット

やプレゼン内容を準備しています。当院のブースには2日間で60名を

超す方に訪問していただきました。おいでいただいた方々に感謝しま

す。

 6月9日(土)、7月28日(土)の病院説明会にもぜひおいでください。

20184/16

看護部教育体制のご紹介

 例年になく桜の開花が早く、お花見もできないままに4月も中旬を迎えま

した。当財団法人にも39名の新採用看護職と2名の介護福祉士が加わりまし

た。多くの仲間を迎えたことで、先輩方も身を引き締めて指導にあたってい

る姿勢が確認でき、この季節ならではのキラキラ感を味わっています。

 看護部ではチューター(個人指導者・相談役)制度を採用しています。担当

者は3年目程度の経験を持つ看護職です。より身近な立場なので、声がかけ

やすい、質問しやすいなどの利点があります。他に実地指導者、教育担当者

などの役割を担っている看護職もいます。

   今年度から財団での教育担当者(専従)を2名から3名に増員し、質的に充実

を図っていきます。                              

20183/ 5

平成31年度職員:看護師・助産師・保健師募集

20182/16

部署目標の発表会が開催されました。

バレンタインも終えた2月15日に寿泉堂綜合病院では部署目標の発表会が開催されました。

平成29年度の看護部目標は4項目です。

1.急性期病院として看護の役割を果たす

2.質の高い看護を実践する

3.自己研鑽に努め感性豊かな人間性を養う

4.DiNQLについて理解できる

同じ目標でも部署により目標値やアプローチの仕方も変わります。

「重症度、医療・看護必要度」値のアップ、評価の精度アップ、ベッドサイドケアの充実、

等々小集団活動を中心に個人への動機づけを行なったり、コミュニケーションを図ったりと、活き活きとしたアクションが報告されていました。

DiNQL事業に関しても、職員への周知を図る目的で研修会を実施しました。

出席率の100%を次年度にどのように活かせるか期待しましょう。

201711/ 1

看護部サイトが新しくなりました。

このたび、公益財団法人 湯浅報恩会 看護部のWebサイトが新しくなりました。
採用情報を中心に、院内の様子や看護部についてご紹介いたします。

これからも公益財団法人 湯浅報恩会 看護部のWebサイトをよろしくお願い致します!