寿泉堂綜合病院

救急告示病院 地域医療支援病院 基幹型臨床研修病院
日本医療機能評価機構認定病院

法人のご案内

 

[診療科紹介]

病理診断科

当科の概要

患者さんの病気を正しく診断して治療するために、患者さんの細胞などを採取して調べることがあります。病理診断科では採取された組織や細胞から標本を作製して顕微鏡で観察し、病気の診断を行っています。腫瘍の有無、腫瘍が良性か悪性か、炎症の原因や程度、治療の効果などを判定し、治療方針の決定に関わる多くの役割を担っています。

当科の診療内容

病理診断には、組織診断と細胞診断の二つがあります。
組織診断では、生検や手術などで採られた組織をホルマリン液で固定した後、パラフィンで固めたものを3μm程度に薄く切って染色して鏡検します。細胞診断は尿や喀痰、表面をこすって採られた細胞(たとえば子宮がん検診)などをガラスに塗って染色して鏡検、診断するものです。

当科の特徴

病理医は患者さんと直接顔を合わせることはありませんが、病理診断を通して治療に密接に関わっています。正確に、そしてできるだけ早く診断を返すよう心がけていますが、標本作製上、ある程度の時間がかかってしまいます。
また、時には採られた細胞の数が少ないなどの理由で再検査をお願いする場合もありますが、ご理解とご協力をお願いいたします。