寿泉堂綜合病院

救急告示病院 地域医療支援病院 基幹型臨床研修病院
日本医療機能評価機構認定病院

法人のご案内

 

[診療科紹介]

産婦人科

当科の概要

病院発足当初より、周産期医療を中心に地域に貢献してまいりました。県中地区医療圏での女性生殖系シェアは43.5%(平成27年度)で、患者さんを中心と考え、患者さんから愛されている病院です。地域医療支援病院として、かかりつけ医である診療所の先生方との連携を密にとり、ハイリスク妊婦管理においては病病連携のもと、患者さんの視点に立った医療を提供しています。『温(オン)・デマンド』(個々の患者さんの要求に合わせ、心のこもった最適な相互対応)を心がけて診療いたします。

当科の診療内容

外来診療

完全予約制ですが、妊娠された方や救急患者さんはいつでも診察を受け付けています。紹介状をお持ちの方は予約センターでその旨をお知らせください。紹介枠での診察にて待ち時間の短縮に努めています。 平成29年7月より、待合室にWifi環境を整えました。今後ホームページにおいて入院診療計画書、手術説明書などのダウンロード、手術動画配信(待合室モニター)などを予定しています。 

産科診療

女性診療病棟は6階にあります。病床数は44床(内新生児6床)です。個室14床は機能性と快適性を備えた女性に優しい病床空間を提供しています。周産期医療協力施設としてハイリスク妊婦を受け入れる一方で、セミオープンシステムのもと、診療所の先生方からのローリスク妊婦の受け入れにも対応し、幅広い周産期管理を行っています。 令和3年4月現在、助産師は26名在籍し、助産実践能力習熟段階クリニカルラダーレベルⅢを取得したアドバンス助産師7名が中心となり、より良いお産の実践と母児同室での母乳育児を推進サポートします。 当院では助産システムを稼働させており、医師との連携のもと、安全・安心・快適・満足とやや欲張りな目標を掲げ、妊婦健診から分娩、産褥母乳外来まで、助産師が主体的に係わり、『おかあさんにやさしいお産』を目指しています。

婦人科診療

当該病棟は主として10階および6階(女性診療病棟)病棟です。低侵襲性で整容性に優れた内視鏡手術が主体です。内視鏡認定研修施設でもあり福島医大病院をはじめ、多くの先生方と連携をとり、スキルアップに研鑽しています。良性疾患は妊孕性、根治性、整容性も含め、個々の患者さんによって、様々な選択肢があります。子宮筋腫や子宮腺筋症に伴う過多月経の治療に対しては子宮摘出術と比較してより安全で侵襲の小さいMEA:マイクロ波子宮内膜アブレ-ションも選択可能です。骨盤臓器脱は膀胱や子宮、直腸などが下垂してくる疾患です。頻尿や失禁といった下部尿路症状も併発します。当院では腹腔鏡下仙骨膣固定術をはじめ、膣式メッシュつり上げ術も合わせ、骨盤臓器脱に関して、年齢や症状に合わせた幅広い手術治療を選択していただけます。また最近では福島県立医科大学附属病院の先生方の協力のもと、婦人科癌の治療も積極的に行っております。

子宮内膜症は月経痛や過多月経などの症状を示し、日常生活を憂うつにさせるだけでなく、挙児希望の女性も悩ませます。妊孕性重視の手術治療選択、とにかく痛みからの解放を目指す根治手術選択にも対応します。尿管や腸管などに発症する希少部位子宮内膜症も経験しています。泌尿器科、外科医師とのコラボ手術で内視鏡手術による低侵襲性手術の提供が可能です。患者さんのニーズとライフ・ステージに合わせた治療を常に念頭において診療計画を提供していきます。

令和2年度診療成績

●産科

分娩件数:674件(内帝王切開:255件)

●婦人科

手術件数557件(内視鏡手術 / 腹腔鏡376件)

腹腔鏡下手術(376件) 子宮鏡手術(42件) 骨盤臓器脱手術(23件)
子宮摘出術 107件 筋腫核出術 21件 仙骨腟固定術(腹腔鏡) 17件
筋腫核出術 89件 内膜ポリ ープ摘出術 11件 腟閉鎖術 3件
嚢腫摘出術 122件 内膜アブレーション 8件 吊り上げメッシュ術 2件
子宮体がん手術 7件     マンチェスター手術 1件
異所性妊娠手術 13件        

悪性腫瘍手術(40件)
子宮頸がん 3件
子宮体がん(開腹) 12件
子宮体がん(腹腔鏡) 7件
卵巣がん 7件

当科の特徴

産科

平成21年10月より助産システムを稼働させています。妊婦健診から分娩、産褥母乳外来まで、助産師が主体的に係わり、『おかあさんにやさしいお産』を目指しています。医師との連携のもと、安全・安心・快適・満足とやや欲張りな目標を掲げています。母児同室で母乳育児も推奨、サポートします。院内助産、フリースタイルの受付も開始しました。

婦人科

良性疾患は妊孕性、根治性、整容性も含め、個々の患者さんによって、様々な選択肢があります。平成25年度より、子宮摘出術と比較してより安全で侵襲の小さいMEA:マイクロ波子宮内膜アブレ-ションを導入しました。患者さんのニーズとライフ・ステージに合わせた治療を常に念頭において診療計画を提供していきたいと思っています。

外来担当医表

時間診療科目

午前

婦人科

鈴木博志

(紹介状持参/予約制)

担当医

鈴木和夫

(紹介状持参/予約制)

担当医

野村

(紹介状持参/予約制)

担当医

鈴木和夫

(紹介状持参/予約制)

担当医

鈴木博志

(紹介状持参/予約制)

担当医

担当医

(予約制)

  

担当医

(女性ヘルスケア外来)

鈴木りか

(女性ヘルスケア外来)

産科

妊婦健診(担当医/助産師)

(予約制)

臨床遺伝科 鈴木りか
午後 産科

助産師

(産褥健診/予約制)

助産師

(産褥健診/予約制)

助産師

(産褥健診/予約制)

助産師

(産褥健診/予約制)

[休診・変更のお知らせ]

現在、休診・変更はありません。

医師紹介

すずき ひろし

鈴木 博志

産婦人科主任部長、病床管理室長

福島県立医科大学 臨床教授

福島県立医科大学(昭和62年卒)

得意分野・専門

産婦人科内視鏡下手術、骨盤臓器脱手術、周産期、胎児超音波診断

所属学会

日本産科婦人科学会、日本産科婦人科内視鏡学会、日本内視鏡外科学会、日本婦人科腫瘍学会、日本骨盤臓器脱手術学会、日本女性骨盤底医学会、日本女性医学学会

博士号・認定等

医学博士、日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医、日本産科婦人科学会指導医、日本産科婦人科内視鏡技術認定医、福島県産婦人科医会 常任理事

経 歴

昭和62年 4月 福島県立医科大学 産婦人科勤務
昭和62年 9月 公立総合藤田病院 産婦人科勤務
平成元年 9月 福島県立医科大学 産婦人科勤務
平成5年 9月 総合会津中央病院 産婦人科勤務
平成6年 9月 滋久会谷病院 産婦人科勤務
平成8年 2月 寿泉堂綜合病院 産婦人科着任

すずきりか

鈴木 りか

女性ヘルスケアセンター長

臨床遺伝科部長

福島県立医科大学(昭和61年卒)

Message メッセージ

今までの経験を活かし、当院の発展に貢献できるよう粉骨砕身いたします。

得意分野・専門

周産期医学、臨床遺伝学、ウロギネコロジー

所属学会

日本産科婦人科学会、日本周産期・新生児医学会、日本婦人科内視鏡学会、日本女性骨盤底学会、日本骨盤臓器脱手術学会、日本遺伝カウンセリング学会、日本人類遺伝学会

博士号・認定等

医学博士、日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医、
日本産科婦人科学会指導医、日本周産期・新生児医学
会認定周産期(新生児)専門医、日本周産期・新生児
医学会指導医、日本人類遺伝学会認定臨床遺伝専門医、
母体保護法指定医

経 歴

昭和61年 3月 福島県立医科大学 卒業
昭和61年 4月 福島県立医科大学 産婦人科学講座入局
平成3年 10月 日本産科婦人科学会専門医取得
平成6年 3月 学位取得
平成10年 8月 公立岩瀬病院 産婦人科部長就任
平成16年 4月 国立病院機構福島病院 産婦人科部長就任
平成21年 9月 大原綜合病院 産婦人科主任部長就任
令和4年 4月 寿泉堂綜合病院 産婦人科着任

すずき かずお

鈴木 和夫

産科部長

福島県立医科大学(平成元年卒)

得意分野・専門

不妊症、性感染症

所属学会

日本産科婦人科学会、日本生殖医学会、日本受精着床学会、哺乳動物卵子学会、性感染症学会

博士号・認定等

医学博士、日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医

経 歴

平成元年 3月 福島県立医科大学 卒業
平成元年 5月 福島県立医科大学 産婦人科勤務
平成元年 9月 総合会津中央病院 産婦人科勤務
平成4年 9月 福島県立医科大学 産婦人科勤務(ハワイ大学生殖生物学講座留学)
平成8年 11月 福島県立医科大学 産婦人科勤務
平成9年 9月 坂下厚生総合病院 産婦人科勤務
平成12年 7月 寿泉堂綜合病院 産婦人科着任

のむら しんじ

野村 真司

婦人科部長

福島県立医科大学(平成20年卒)

Message メッセージ

出身地である郡山の皆様のお役に立てるようがんばりたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

得意分野・専門

婦人科腫瘍

所属学会

日本産婦人科学会、日本婦人科腫瘍学会、日本婦人科内視鏡学会、日本臨床細胞学会

博士号・認定等

福島県立医科大学博士号、日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医、癌治療認定医

経 歴

平成20年 4月 寿泉堂綜合病院
平成22年 4月 福島県立医科大学 産科婦人科学講座
平成22年 10月 会津中央病院
平成23年 10月 太田西ノ内病院
平成25年 10月 福島県立医科大学 産科婦人科学講座
令和1年 4月 竹田総合病院
令和2年 4月 太田西ノ内病院
令和3年 10月 寿泉堂綜合病院

たなか まさよ

田中 昌代

福島県立医科大学(平成21年卒)

所属学会

日本産科婦人科学会、日本産婦人科内視鏡学会、

日本女性医学会

博士号・認定等

日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医

経 歴

平成21年 3月 福島県立医科大学 卒業
平成21年 4月 寿泉堂綜合病院 初期研修
平成23年 4月 福島県立医科大学附属病院 産婦人科勤務
平成23年 10月 国立福島病院 産婦人科勤務
平成24年 10月 福島赤十字病院 産婦人科
平成25年 10月 寿泉堂綜合病院 産婦人科着任

いけぞえ まさき

池添 祐貴

福島県立医科大学(平成30年卒)

Message メッセージ

令和3年5月より着任いたしました、池添と申します。「患者さん第一」の医療を提供できますよう、日々努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

得意分野・専門

産婦人科

所属学会

日本産科婦人科学会、日本産婦人科内視鏡学会、
日本骨盤底医学会

経 歴

平成30年 3月 福島県立医科大学 卒業
平成30年 4月 竹田綜合病院 初期臨床研修
令和2年 3月 竹田綜合病院 初期臨床研修 修了
令和2年 4月 竹田綜合病院 産婦人科勤務
令和3年 5月 寿泉堂綜合病院 産婦人科着任