法人のご案内

ごあいさつ

理事長のご挨拶

不安な日々の中で

 昨年春、このあいさつ文を更新したとき私は、2月13日23時7分に発生した福島県沖地震で、10年前の東日本大震災の記憶がよみがえったことを書きました。それから1年あまりが経った本年3月16日23時36分、またしても福島県沖を震源とする最大震度6強の地震が発生したときは、誰もが「またか!」と叫んだことでしょう。

 大きな津波が発生しなかったことは不幸中の幸いでしたが、個人的に今年の揺れは、東日本大震災の時よりも大きいように感じました。この地震でお亡くなりになった方に哀悼の誠を捧げるとともに、けがをされた方、自宅の損壊などにより不自由な生活を強いられている方々に心よりお見舞いを申し上げます。

 昨年のあいさつにはまた、ようやくワクチンの接種が始まったことを受けて、「世界が新型コロナウイルスとの闘いに必ずや勝利し、穏やかな日々を取り戻すまでもう一踏ん張りであることを信じます」とも記載しました。しかしその後、7月から8月にかけてデルタ株による「第5波」が猛威を振るい医療の機能不全をもたらし、2022年が明けるとオミクロン株による感染が瞬く間に拡大し、2月中旬には1日あたり新規感染者数が全国で10万人を突破するという、過去最大の「第6波」が発生しました。本稿執筆現在、感染の中心はオミクロン株の亜種BA.2へと置き換わり感染者数が「高止まり」から「再拡大」へと転じつつあり、「勝利」はおろか、闘いのさらなる長期化が必至の情勢です。

 そして、2022年2月に開始されたロシア軍によるウクライナ侵攻。・・・国際社会が、どのような理由を並べたとしても許されるはずのない武力による蹂躙を未だ停めることができない現実に、ただ打ちのめされるばかりです。

 頻発する自然災害、新興感染症のパンデミック、生物兵器・核兵器使用のリスクをはらみながら長期化する戦争、愚かしい示威行動を繰り返す隣国等々に日々、不安ばかりが増長し、脳裏には「世紀末」、「末法末世」などといった言葉すら浮かんできます。

 そのような中、3月27日に千秋楽を迎えた大相撲春場所で、福島市出身の若隆景が高安との優勝決定戦を見事に制し、新関脇として86年ぶりの優勝を果たしたことには、福島県民のみならず多くの国民が勇気づけられたに違いありません。・・・こんなとき「相撲なんか」に元気づけられるとはあまりにも脳天気とお叱りを受けるかもしれませんが、震災と原発事故による暗雲が日本全土を覆っていた2011年、ワールドカップで「なでしこジャパン」が優勝したときもそうだったように、深刻な不安や危機が迫ってくると、ヒーローの出現や明るい出来事に希望を見出し、自らの運命を重ねようとするのが人間の本能なのかもしれません。

 一昨日私に届いたある患者さんからの手紙には、検診で自分にがんの可能性があると判ったときの不安と絶望、検査結果と治療方針について医師から詳しい説明を受けたときに感じた希望、内視鏡で治療と生検を行い不安が消失したときの安堵、スタッフへの感謝などがていねいに綴られていました。医療ドラマに出てくるスーパードクターのような分かりやすいヒーローにはなれないとしても、すべての疾患が「治癒」という転帰に至るわけではないとしても、当法人の職員は常に患者さんの不安に寄り添い、希望の光を注ぐ存在でありたい。私たちも漠然とした不安を感じる日々を過ごしながら、そのように願っています。

(2022.4. 1 記)

理事長就任挨拶はこちら

理事長就任挨拶

6月10日に急逝いたしました故・湯浅伸郎に代わりまして、この度、7月28日付で、財団法人湯浅報恩会の理事長に就任いたしました湯浅大郎です。私自身は医師ではありませんが、当法人に勤務して23年目に入りました。その大半は病院の経営管理にたずさわってまいりましたが、まだまだ知識、経験、人間性のいずれにおいても到らない点が多々あることは、本人が一番自覚しています。しかし、今回、図らずも理事長という重責を担うこととなった以上は、すべての職員と力をあわせ、地域医療の充実のために全力を尽くす覚悟です。以下では、今、私が考えている主な基本方針を説明して、ご挨拶に代えさせていただきます。今後とも当法人に、皆様からのお力添えと忌憚のないご意見を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

1.理念の堅持

明治20年、初代・湯浅為之進(ためのしん)が郡山駅前に小さな医院を開設したときから掲げてきた「患者さん第一」の理念は、私たち湯浅報恩会の職員にとって、すべての価値判断や行動の根幹をなす拠り所です。前理事長が折りに触れて話していた、「『患者さんの喜びは私たちの喜び』という精神こそ、医療人の原点である」という言葉も、同じことを言い表したものでしょうし、私自身は、「患者さん第一」とは、簡単に言えば患者さんを自分の肉親であると思って接することである、と考えています。  今でこそ、似たような基本理念をうたう医療機関は少なくありませんが、私たちには、一世紀以上にわたってこの理念にこだわり続けてきたという、秘めたプライドがあります。人口動態や疾病構造の変容を受けてわが国の社会保障政策が目まぐるしく変転する中、医療機関には時代の要請に的確に対応していく柔軟性が求められています。しかし「患者さん第一」という理念は、時代がどんなに変わろうとも決して変わることはないでしょうし、変えてはいけないものであると確信しています。

2.前理事長の遺志の継承

現在、寿泉堂綜合病院西側の区画では、郡山駅前の再開発計画と連動する形で新・寿泉堂綜合病院の建設工事が進められています。前理事長の悲願でもあった新病院建設計画は、当法人にとって「第二の創業」とも位置付けられる重要な事業であり、新病院の運営をしっかりと軌道に乗せていくことこそ、私に託された最大の使命であると考えています。新病院では、従来の診療科の枠組みを超えた「血管病センター」をはじめ、3つのセンターを核とする高度な急性期医療の提供体制を整える計画ですが、それだけに止まらず、病院の上層階に約80戸のマンションが併設されるという特徴を活かし、高齢者世帯などが「安心して暮らせるまちづくり」のひとつのモデルを呈示していきたいとも考えています。そのためにも、前理事長が最も力を注いできたマンパワーの充実、とりわけ医師の増員には、引き続き全力で取り組みます。マンパワー充実は綜合病院だけでなく、寿泉堂香久山病院の回復期・慢性期医療、寿泉堂クリニックの予防医学と透析医療、さらには在宅医療、介護・福祉領域まで、当法人が有する包括的医療提供体制全体のレベルアップと、他医療機関との連携・役割分担の推進を視野に入れながら進めてまいります。

3.企業体としての存続と地域貢献

湯浅報恩会には現在、パート、派遣職員も含めると約880人の職員が勤務しています。これに関連法人を加えた職員数は優に1.000人を超えますから、職員の家族まで含めるとおそらく3.000人以上の方々が、生計の基盤を当法人に置いていると考えられます。私には、地場の企業体としては決して小さくないこの法人を将来にわたり存続させ、職員の雇用を安定的に確保する義務も課せられています。言うまでもないことですが、「患者さん第一」を実践し、患者さんの満足度を高めるためには、職員自身もまた、高い満足度を持って仕事に従事していることが必要です。職員に心のゆとりがなくては、患者さんに笑顔で接することができるはずはありません。私は、職員の一人ひとりがプロフェッショナルであるというプライドを持ち、それぞれの役割をきっちりと果たすことによって私たちの使命を果たしていけるような組織風土づくりにも力を入れていくつもりです。そのために、これも前理事長が手がけようとしていたことですが、職場・職種・職制間のコミュニケーションの円滑化、現場への責任と権限の委譲、経営陣の世代交代も含めた組織刷新に、順次着手していく所存です。また、厳しい経済情勢の中ではありますが、初代以来、当法人が力を注いできた文化・芸術活動への支援などを通じても、地域の発展に貢献していくことができれば幸いです。

(2009.8. 1記)