法人のご案内

ごあいさつ

理事長のご挨拶

理念を見直しました

 日本国民が期待を持って待ち望んでいた新しい元号が、「令和」と発表されました。

 「平成」の30年間は、その字面と裏腹に天変地異と呼ぶべき災害が相次いで発生し、今もなお各地に暗い影を落としています。5月から始まる「令和」の御代が、その出典の通り、紅白の梅が競って薫り立つように穏やかな時代となることを願ってやみません。

 元号が変わるからというわけではなかったのですが、公益財団法人湯浅報恩会は、本年2月1日に法人運営の根幹をなす「理念」の見直しを行いました。明治20年8月、初代院長が郡山の駅前に小さな診療所を開設したときから唱え続けてきた「患者第一」という言葉は、130年を超えて当法人の職員の価値判断や行動の基準であり続けてきました。平成21年7月、私が前理事長の逝去に伴い理事長に就任した際にも基本方針の第一には「理念の堅持」を掲げ、「『患者さん第一』という理念は、時代がどんなに変わろうとも決して変わることはないでしょうし、変えてはいけないものであると確信しています」と記しました。

 前理事長の時代には、「私たち湯浅報恩会は、『患者さん第一』を基本とし、この地における近代医療の先駆けとしての誇りと責任をもって、地域医療の向上のため貢献します」という理念・使命の宣言文(ミッションステートメント)を制定し、10年近く院内随所に掲示してきました。これはこれで格調も高くそれなりに定着していたのですが、一部の職員からは「長すぎて覚えられない」、「なんとなく上から目線で偉そうに感じる」、「歴史を誇るよりも未来を指向すべき」といった遠慮の無い(しかし、ごもっともな)意見が聞こえてきていました。寿泉堂綜合病院が病院機能評価更新のための受審を迎えるタイミングだったこともあり、経営会議のメンバーで協議を重ね、理念をより分かりやすい表現へ変更することが決定されました。

 2月1日に改定し掲示し直した理念は、以下の通りです。

     「患者さん第一」 心のかよう医療を

 ・・・個人的に、今度はシンプルすぎるような気がしないでもないですが、改定からふた月が経った今では、職員がいつでもそらんじることができるために、理念はこのくらいシンプルな方が良いと思えてきたところです。

 「患者さん第一」の意味については、これまで「患者さんを自分の肉親であると思って接すること」、「患者さんの痛みを自分の痛みと感じ、患者さんの喜びを自分の喜びと感じること」などと説明されてきましたが、おそらく絶対の正解は存在せず、ひとり一人の職員が医療人として成長していく中でそれぞれの答えを見つけていくことがたいせつなのだと思います。

 医療経営を取り巻く環境は日々厳しさを増し続けており、国が進めている「地域医療構想」に基づく地域医療体制の再編が加速されると、約8,000あるわが国の病院は「多くても今の半分の4,000で成り立つ」(日本病院会・相澤孝夫会長)と言われています。私たちのような地域密着型の病院には、医療を提供する側の自己満足ではない、「身の丈に合った」、「効率的な」医療を実践することが強く求められています。

 しかし、効率が最優先となってしまった病院が生き残れるとは、私にはどうしても思えません。病院の再編と淘汰が避けられない時代だからこそ、「患者さん第一 心の通う医療を」という理念が私たちの行く手を照らしてくれるものと信じています。

(2019.4. 1 記)

理事長就任挨拶はこちら

理事長就任挨拶

6月10日に急逝いたしました故・湯浅伸郎に代わりまして、この度、7月28日付で、財団法人湯浅報恩会の理事長に就任いたしました湯浅大郎です。私自身は医師ではありませんが、当法人に勤務して23年目に入りました。その大半は病院の経営管理にたずさわってまいりましたが、まだまだ知識、経験、人間性のいずれにおいても到らない点が多々あることは、本人が一番自覚しています。しかし、今回、図らずも理事長という重責を担うこととなった以上は、すべての職員と力をあわせ、地域医療の充実のために全力を尽くす覚悟です。以下では、今、私が考えている主な基本方針を説明して、ご挨拶に代えさせていただきます。今後とも当法人に、皆様からのお力添えと忌憚のないご意見を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

1.理念の堅持

明治20年、初代・湯浅為之進(ためのしん)が郡山駅前に小さな医院を開設したときから掲げてきた「患者さん第一」の理念は、私たち湯浅報恩会の職員にとって、すべての価値判断や行動の根幹をなす拠り所です。前理事長が折りに触れて話していた、「『患者さんの喜びは私たちの喜び』という精神こそ、医療人の原点である」という言葉も、同じことを言い表したものでしょうし、私自身は、「患者さん第一」とは、簡単に言えば患者さんを自分の肉親であると思って接することである、と考えています。  今でこそ、似たような基本理念をうたう医療機関は少なくありませんが、私たちには、一世紀以上にわたってこの理念にこだわり続けてきたという、秘めたプライドがあります。人口動態や疾病構造の変容を受けてわが国の社会保障政策が目まぐるしく変転する中、医療機関には時代の要請に的確に対応していく柔軟性が求められています。しかし「患者さん第一」という理念は、時代がどんなに変わろうとも決して変わることはないでしょうし、変えてはいけないものであると確信しています。

2.前理事長の遺志の継承

現在、寿泉堂綜合病院西側の区画では、郡山駅前の再開発計画と連動する形で新・寿泉堂綜合病院の建設工事が進められています。前理事長の悲願でもあった新病院建設計画は、当法人にとって「第二の創業」とも位置付けられる重要な事業であり、新病院の運営をしっかりと軌道に乗せていくことこそ、私に託された最大の使命であると考えています。新病院では、従来の診療科の枠組みを超えた「血管病センター」をはじめ、3つのセンターを核とする高度な急性期医療の提供体制を整える計画ですが、それだけに止まらず、病院の上層階に約80戸のマンションが併設されるという特徴を活かし、高齢者世帯などが「安心して暮らせるまちづくり」のひとつのモデルを呈示していきたいとも考えています。そのためにも、前理事長が最も力を注いできたマンパワーの充実、とりわけ医師の増員には、引き続き全力で取り組みます。マンパワー充実は綜合病院だけでなく、寿泉堂香久山病院の回復期・慢性期医療、寿泉堂クリニックの予防医学と透析医療、さらには在宅医療、介護・福祉領域まで、当法人が有する包括的医療提供体制全体のレベルアップと、他医療機関との連携・役割分担の推進を視野に入れながら進めてまいります。

3.企業体としての存続と地域貢献

湯浅報恩会には現在、パート、派遣職員も含めると約880人の職員が勤務しています。これに関連法人を加えた職員数は優に1.000人を超えますから、職員の家族まで含めるとおそらく3.000人以上の方々が、生計の基盤を当法人に置いていると考えられます。私には、地場の企業体としては決して小さくないこの法人を将来にわたり存続させ、職員の雇用を安定的に確保する義務も課せられています。言うまでもないことですが、「患者さん第一」を実践し、患者さんの満足度を高めるためには、職員自身もまた、高い満足度を持って仕事に従事していることが必要です。職員に心のゆとりがなくては、患者さんに笑顔で接することができるはずはありません。私は、職員の一人ひとりがプロフェッショナルであるというプライドを持ち、それぞれの役割をきっちりと果たすことによって私たちの使命を果たしていけるような組織風土づくりにも力を入れていくつもりです。そのために、これも前理事長が手がけようとしていたことですが、職場・職種・職制間のコミュニケーションの円滑化、現場への責任と権限の委譲、経営陣の世代交代も含めた組織刷新に、順次着手していく所存です。また、厳しい経済情勢の中ではありますが、初代以来、当法人が力を注いできた文化・芸術活動への支援などを通じても、地域の発展に貢献していくことができれば幸いです。

(2009.8. 1記)