寿泉堂綜合病院

救急告示病院 地域医療支援病院 厚生労働省指定基幹型臨床研修病院 
(公財)日本医療機能評価機構認定病院

法人のご案内

 

[診療科紹介]

神経内科

当科の概要

脳卒中患者数は年々増加し、2020年には300万人に達すると推測されております。脳卒中は、本邦における死因の第4位、寝たきりになる原因の第1位であり、まさに国民病といえます。神経内科(脳卒中科)は、脳神経外科、看護師、リハビリスタッフ、薬剤師、栄養士、メディカルソーシャルワーカーと密に連携し脳卒中診療に取り組みます。

当科の診療内容

脳卒中は、血管が詰まる脳梗塞、血管が破れる脳内出血・くも膜下出血に分類されます。また、一過性脳虚血発作は片麻痺や言語障害などの症状が24時間以内に消失する病態であり、発症早期に脳梗塞へ移行しやすいため、近年救急疾患として認識されています。神経内科(脳卒中科)は、主に外科的処置を要さない一過性脳虚血発作、脳梗塞、脳内出血を担当します。外科的処置の適応に関しては、脳神経外科と協議し決定いたします。

当科の特徴

超急性期脳梗塞に対する血栓溶解療法(t-PA)を積極的に行います(*t-PAは3カ月後の社会復帰率を1.5倍増加させる薬です)。さらに、早急に原因を追究し、適切な抗血栓療法で再発を予防します。発症早期からリハビリテーションを実施し、片麻痺や言語障害などの回復を図ります。

脳梗塞の発症のサインにより早く気がつくための「FAST」という確認方法があります。「FAST」とは、脳梗塞でおこる典型的な3つの症状の頭文字と、「T=Time」を組み合わせた言葉です。「FAST」という言葉からもわかるように、脳梗塞治療は時間(Time)との闘いなのです。症状に気づいたら、すぐに受診しましょう。

※「FAST」の画像は公益社団法人日本脳卒中協会、日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社の許諾を得て転載しております。

外来担当医表

曜日
午前

西村

(脳卒中外来)

(予約制)

熊谷

[休診・変更のお知らせ]

3月4日(水)の外来診療は休診となります。

医師紹介

にしむら たくや

西村 拓哉

近畿大学(平成23年卒)

Message メッセージ

郡山市の脳卒中医療に微力ながら尽力して参ります。

得意分野・専門

脳卒中・神経一般

所属学会

日本内科学会、日本神経学会、日本脳卒中学会、日本脳神経超音波学会、日本脳神経血管内治療学会

博士号・認定等

日本内科学会認定内科医、

日本脳神経超音波学会 認定検査士・評議員

経 歴

平成23年 3月 近畿大学医学部卒業
平成23年 4月 星ヶ丘医療センター 初期臨床研修医
平成25年 4月 星ヶ丘医療センター 脳卒中内科
平成26年 4月 国立循環器病研究センター 脳神経内科
平成29年 4月 日本医科大学付属病院 脳神経内科
令和1年 4月 日本医科大学千葉北総病院 脳神経内科
令和1年 10月 寿泉堂綜合病院 神経内科着任